餅は餅屋

 

 
 

 

HOME | 基礎知識 | 雇用形態について

 

雇用形態について。基本的な雇用形態の違い

雇用形態について

基本的な雇用形態の違い

 
雇用形態にはいろいろな種類があります。
 
ここでは、それぞれの一般的なイメージと共に基本的な雇用形態の違いについてお話ししようと思います。
 
雇用形態は主に以下の4つにわかれます。
 
・正社員
・契約社員
・派遣社員(一般労働者派遣、特定労働者派遣、紹介予定派遣)
・アルバイト(パート)
 
1つずつ見ていきましょう。
 

 正社員

正社員とは、雇用契約上で特別な取り決めのない社員のことをいいます。中でも特に、「いつまでの契約」という雇用期間の決まりがありません。
 
解雇条件が厳しいので、基本的には余程のことがないかぎりクビになりにくい、職を失いにくい、比較的安定した立場と言えます。
 
また、企業によっては福利厚生(各種手当・厚生年金・雇用保険・健康保険)が充実しているところも。特に大企業になるほどいろんなサービスがつく傾向にあります。
 
ただし、正社員は協定範囲内で残業が義務づけられることがあり、仕事メインの生活になる可能性が十分にあります。
 
全体を通してのイメージとしては「その企業で中心戦力になって働く代わりに、他の雇用形態に比べて良い待遇で安定的に働ける」という感じです。
 

 契約社員


契約社員とは、正社員と立場が近く、同じように直接企業と雇用契約を結びますが、違うのはあらかじめ雇用期間が定められているという点です。
 
1回あたりの契約期間の上限は、特定の場合をのぞいて3年間。契約期間が終了になってもお互いの合意が得られれば再契約を結ぶことができます。

ボーナスの支給などは契約内容によりますが、支給がなかったり支給されても正社員より少ないというのが現状。

ただ、給料に関しては正社員よりも多く貰えることが多いようです。福利厚生も契約内容によりますが、健康保険・厚生年金・雇用保険は正社員同様つけてもらえることがほとんどです。
 

 派遣社員

 
派遣社員とは、人材派遣会社と雇用契約を結び、それぞれの企業へ「派遣社員」として派遣される雇用形態のことです。
 
ほかの雇用契約と大きく違うのは、実際に働く企業と雇用契約をする企業が別であるという点です。福利厚生や給与については、雇用契約を結んだ人材派遣会社から保証されます。
 
さらに派遣社員は次の3つに分けられます。
 
 

1、一般労働者派遣

「登録型派遣」ともよばれ、最も一般的な派遣のかたちが一般労働派遣です。事前に派遣会社に登録しておき、派遣先企業が決定した時点で派遣会社と雇用契約を結び、派遣先企業で働きます。
 
 

2、特定労働者派遣

専門的なスキルが必要な場合に多く見られる形態が「特定労働者派遣」です。一般労働者派遣と違い、派遣会社に常に雇用される仕組みとなっています。
 
つまり、派遣先企業の就労がない場合でも、「派遣会社に雇用されている」状態なので、安定した収入をもらうことができます。
 
 

3、紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、将来派遣先に直接雇用(正社員・契約社員など)されることを前提として派遣される方法です。
 
派遣で働く期間は最長で6ヶ月で、派遣期間中に派遣社員と派遣先企業が合意すれば、派遣先企業に直接雇用されます。
 
派遣社員としては派遣期間中に会社の雰囲気や仕事内容を知ることができ、企業としては社員の適正やスキル等を知ることが出来ます。
 
(※当サイトでは上記3つの派遣形態をまとめて「派遣社員」として扱っています。)
 

 アルバイト・パート

アルバイトとは、本業や学業のかたわらに労働をする形のことをいいます。パートタイマーは短時間労働者のことですが、一般的にはアルバイトとあまり区別をされていません。
 
給与は正社員よりも少なく、ほとんどが時給制で労働します。企業や人にもよりますが、勤務時間も長くないので保険や福利厚生などは多くの場合つきません。
 
(※当サイトではアルバイトとパートをひとまとめとして分類しています。)
 

 
以上の雇用形態以外にも、「働くスタイル」はいろいろ存在します。
 
例えばフリーランスのエンジニアといった人は、企業との雇用契約ではなく業務委託として対等な立場で仕事をします。
 
取締役会計参与監査役は「役員」となります(実際には厳密な取り決めがあります)。
 
また、特に医療関係においては常勤・非常勤・スポットなどといった言葉を用いたりもします。
 
これらを加味するとやや複雑になってしまいますが、
 
とりあえずは、「正社員」「契約社員」「派遣社員」「アルバイト(パート)」の4つの雇用形態だけ押さえておけば問題ないでしょう。
 

【基礎知識 記事一覧】