餅は餅屋

 

HOME | 基礎知識 | 求人サイト・転職エージェント・人材派遣サービスの違い

 
 

求人サイト・転職エージェント・人材派遣サービスの違い

求人サイト・転職エージェント・人材派遣サービスの違い

当サイトを利用するにあたって、最も知っておいて欲しいこと。

 
 
ネット上で仕事を探すとき、求人サイトや転職サイト、転職エージェント、転職支援、人材派遣、人材紹介などなど、似たような言葉をよく見かけます。
 
実際、ややこしくて困りますよね。
 
 
でも、実はこれらの言葉は大きく分けて3種類に分類することができます。
 
違いを正しく理解することで、就職や転職活動を効果的に進めることが出来るでしょう。
 
 
以下説明します。確認をお願いします。
 
 

 求人サイト

求人サイトの仕組み

 
「運営者がネット上で求人情報を提供し、利用者は自分で仕事(企業)を検索・応募して、採用される。」これが、ごく一般的な求人サイトです。
 
知名度の高いサイトを例にあげると【タウンワーク】や【リクナビNEXT】などがこれに当たります。
 
求人広告を掲載しているだけなので、運営に関しては特に許可は必要はありません。
 
求人サイトは他にも「転職サイト」「求人情報サイト」「転職情報サイト」といった呼ばれ方もします。
 
主な利用場面としては、「アルバイト探しや就職や転職活動を全て自分で行いたい」といった場合に利用することになります。
 
  
 

 転職エージェント

転職エージェントの仕組み

 
求職者と求人者の雇用関係を「斡旋」しているサイトを転職エージェントと言います。
 
具体的には、求職者に対して求人情報の提供や企業の紹介、面接日の調整、採用条件のとりまとめなど、転職活動に関する様々な事柄のサポートを行います。
 
主に正社員・契約社員など、『企業との直接雇用を有する雇用形態』に関する求人を取り扱っています。
 
【リクルートエージェント】や【DODA】が比較的有名かもしれません。
 
 
求職者がサービスを利用するためには登録が必要ですが、登録や利用などは全て無料です。
 
プロが転職活動を支援してくれるので効率的かつ、「非公開求人」と呼ばれる一般的な求人サイトには掲載されない求人情報を得ることが可能です。
 
また、職務経歴書の書き方、面接突破のための指導・対策、年収交渉などをコンサルタントが行ってくれる場合もあります。
 
このように一般的な求人サイトを利用するよりもメリットが多いのが特徴です。
 
 
転職エージェントは他にも「人材紹介会社」「人材紹介」「人材バンク」「エージェント」「ヘッドハンター」など呼ばれますが、正式には「有料職業紹介事業所」と言います。 (一方でハローワークを「無料職業紹介事業所」と呼びます。) また、これらに登録することで得られるサービスを 「転職支援」「転職サービス」「転職支援サービス」 と呼ばれ、運営するには厚生労働大臣の認可が必要です。
 
 
 

人材派遣サービス

人材派遣サービスの仕組み

 
人材派遣サービスは、上記の2つ(求人サイト、転職エージェント)とは本質的に異なります。
 
「人材派遣会社と雇用契約を結び、その会社とは別に派遣先企業で労働する。給与の支払いや福利厚生等は人材派遣会社から得られる。」
 
このようなサービスを提供しているのが「人材派遣会社」で、そのサービスを「人材派遣サービス」と言います。運営するには厚生労働大臣の認可が必要です。
 
 
 

 
さてさて、「求人サイト」「転職エージェント」「人材派遣サービス」の役割を知った上で、あなたの利用するサイトは決まってきます。次のようにまとめておきます。参考にどうぞ。
 
 

アルバイトを希望する人
・「アルバイト向け求人サイト」を利用して、アルバイト案件を探す。
・「派遣社員向け求人サイト」を利用して、派遣アルバイトの案件を探す。
・「人材派遣サービス」を利用して、派遣アルバイトを希望する。
 
 
派遣社員を希望する人
・「派遣社員向け求人サイト」を利用して、派遣案件を探す。
・「人材派遣サービス」を利用する。
 
 
正社員・契約社員を希望する人
・「正社員・契約社員向け求人サイト」を利用して、社員案件を探す。
・「転職エージェント」を利用する。
・「人材派遣サービス」を利用して、紹介予定派遣の案件を希望する。

 
 
 
 ※なお、当サイトでは表現を以下のように統一しています。
・求人サイト、転職サイト、求人情報サイト、転職情報サイトを全て「求人サイト」
・転職エージェント、人材紹介会社、人材紹介、人材バンク、エージェントを全て「転職エージェント」